2007年03月13日

拝啓 浦和レッズさま

平成19年3月11日、東北電力ビッグスワンスタジアムに於いて開催された「Jリーグディヴィジョン1第2節アルビレックス新潟×浦和レッズ」に貴クラブの多数のファン・サポーターより御来場賜りましたことを厚く御礼申し上げます。

また、あわせて飲食や宿泊等で多くの観光収入を頂戴しましたことに新潟市民のひとりとして、感謝申し上げます。
当日スタジアムに来場していた篠田昭新潟市長に「アルビレックス新潟ホームゲームは観光資源である」と認識していただけたのではないかと、考えておる次第であります。

さて、当日は生憎の悪天候でありました。
貴クラブの関係者やファン・サポーターの皆様にとっては珍しい天気であったかと存じますが、冬の新潟においては日常の風景であります。

貴クラブが、そして、貴クラブの前代表を務めておられた犬飼Jリーグ専務理事が導入に賛成している「Jリーグ秋開幕」が実現した場合、このような悪天候下での試合を数多く強いられるのであります。もちろん、試合のみならず、日々のトレーニングも同様であります。

貴クラブにとっては勝ち点2を落とした試合であったかと存じますが、「Jリーグ秋開幕とは大いなる愚挙である」ことを身をもって知ることができたと解釈していただければ幸いでございます。

さて、貴クラブの試合を直接拝見するのは元旦国立以来であります。
そんな私にも、試合を行う毎にコンディションが上がっていることが理解できました。
また、試合中にコンディションがどんどん上がっていくことも理解できました。
「今の時期に対戦できて良かった」
というのが正直な思いであります。
もし一ヵ月後に試合を行ったら、非常に高い確率で貴クラブの勝利となったことでしょう。

最後に。
AFCチャンピオンズリーグにおいて貴クラブが勝ち進んでいくことを、ひとりのJリーグファンとして心より祈念申し上げます。
あわせて決勝戦が「浦和レッズ×川崎フロンターレ」となるよう、ここ新潟の地より祈念申し上げ、乱文乱筆ではございますが本稿を終了させていただきます。
posted by ぽん at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。