2007年02月13日

Albirex Conference '07 無事終了

去る2月11日、Albirex Conference '07が開催されました。
当日参加してくださった皆様、またアンケートに回答してくださった皆様に心より感謝申し上げます。
次回開催時もご協力いただければ幸いでございます。

当日の詳細につきましては、後日議事録がアップされますので今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。さて、当日ワタクシは発言者にマイクをお渡しする役でありました。
素早くお渡しできなかったことが多々ありましたことを、お詫び申し上げます。

ここで、ワタクシの雑感を書き連ねてみたいと思います。
ただし、議事録に載らないと思われることに限定されますが。

もし、このカンファレンスで100%満足できる成果を得られると思っている方がいらっしゃるようでしたら。。。認識を改めていただければと思います。
スタジアムにおける喫煙が典型的な例かと思われますが、清五郎4万人全てが満足できる結論なんて出るわけがないのです。
「ま、これなら妥協できるかな」というところを探りあい、各々の意見やら要望やらを摺り合わせることによって物事は進んでいくのです。

昨年、初めて開催するとき、何人かの中の人はこう考えていました。

・とにかく開催することに意義がある。
・世の中0か100じゃあない。言い換えるならAll or nothingではない。
・開催すれば、ゼロにはならん。20点かもしれないけど、それは回を重ねていくうちに改善されるはず。

たしかに、他クラブのサポーターカンファレンスと比較すれば至らないところもあったかもしれません。
私たち中の人は、他クラブのカンファレンス議事録にひととおり目を通しております。
その上で、自分たちにできる範囲で最善を尽くしてきたと申し上げます。
だからといって、自己採点結果が100点だと申し上げるつもりはありません。
次回に向けて、更なる改善を図っていく必要があると思っています。

。。。と、見苦しい言い訳を申し上げたところで、その他感じたことを。

クラブ側出席者が大幅に増加したことは嬉しい驚きでありました。このことは、クラブのカンファレンスに対する評価の現れであろうと思われます。

あと、2年連続で出席してくださった方々も同意していただけるのではないかと思いますが、内容は進歩したかなと。
これまた嬉しい驚きでありました。

最後に。
当エントリーの本題からチトずれますが、ワタクシ、アルビレックス新潟の将来に危機感を抱きました。
その理由は。。。スタジアム来場者に占める20代の方が少ないことです。
10年後、あるいは20年後のことを考えますと。。。常に学生〜20代の方々を新規開拓し、一生リピーターとなっていただけるよう、クラブも今の常連客も努力を重ね続けなければならんのではないか。。。と感じた次第であります。
posted by ぽん at 22:09| Comment(0) | TrackBack(1) | アルビレックス新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

北海道 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 北海道 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2014-04-24 12:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。